「本当に恐い?」ベラジョンカジノの税金問題

「ベラジョンカジノで○○○ドル勝った!」など、大勝利の口コミをSNSで多く散見しますが、実は「お金を貰って終了!」という訳ではありません。
ベラジョンカジノで獲得した勝利金は、課税の対象になります。
 
一定金額以上の金額を獲得した場合、確定申告を行わなければ、脱税と見なされ、追加徴税などの処罰の対象になってしまいますので、オンラインカジノをプレイされる場合は、必ず意識しましょう。

そこで今回は「本当に恐い? ベラジョンカジノの税金問題」をテーマに、税金と確定申告に関する基本情報を分かりやすくご紹介いたしますので、ぜひ参考までにご一読ください。
 
 

ベラジョンカジノの税金は「一時所得」のため

ベラジョンカジノの税金は「一時所得」のため
 
ベラジョンカジノにおける勝利金は、日本国内において「一時所得」に分類されます。
一時所得は、以下の計算式により算出されます。

総収入額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高 50 万円)× 1/2 = 一時所得として課税対象になる金額

例えばベラジョンカジノをプレイして、1ゲーム 200 万円の勝利金があったとしましょう。
このゲームの際における賭け金を5万円としますと、この5万円が「収入を得るために支出した金額」となり、総収入額が 200 万円とすると、以下の計算式となります。

総収入額(200万円)-収入を得るために支出した金額(5万円)-特別控除額(最高 50 万円)× 1/2 = 72.5 万円が課税対象の一時所得として算出されるのです。

一時所得に対する所得税率は以下の通りとなります。

【所得税額速算表】
所得税率 5%|課税所得金額 0 円超 ~ 1,950.000 円以下
所得税率 10 %|課税所得金額 1,950,000 円超 ~ 3,300,000 円以下
所得税率 20 %|課税所得金額 3,300,000 円超 ~ 6,950,000 円以下
所得税率 23 %|課税所得金額 6,950,000 円超 ~ 9,000,000 円以下
所得税率 33 %|課税所得金額 9,000,000 円超 ~ 18,000,000 円以下
所得税率 40 %|課税所得金額 18,000,000 円超 ~

今回のケースは72.5万円ですので、一番上の項目の所得税率5%が適用され、納税額は 36,250 円になります。
 
 

ベラジョンカジノの税金と納税の必要性

もし仮に上記の 36,250 円を納めないとどうなるかと言いますと、無申告加算税という追加徴税の対象になってしまいます。
原則として、納付税額に対して、50 万円までは 15 %、50 万円を超える部分は 20 %の割合を乗じた金額を追加で支払わなければなりません。
 
仮装隠蔽などがあった場合には、無申告加算税に代えて、「重加算税」の対象にもなります。
無申告の場合は本税の 40 %という、大変重い税が課せられますので、ご注意ください。
 
 

一時所得による納税義務は隠せない

一時所得による納税義務は隠せない
 
例えば、競馬場、あるいは競輪場や競艇場などに行って券売機で券を購入して、当選金が発生しても、どこの誰が購入し、配当金を得ているのかを特定するのが極めて難しい為、税金を支払わなくとも、分からない場合が多いのでは事実ですが、ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノにおける一時所得は、そのケースとは全く異なります。
 
ベラジョンカジノでは、各ユーザーの入出金履歴、プレイ履歴の全データを保管しております。
ですので、しかるべき機関から、情報提示を求められた場合、全ての金銭的な取引の履歴が残っている為、脱税することは不可能です。
 
更に、銀行経由で出金した際に、送金履歴が銀行口座に必ず残るため、すぐに発覚しなくても、いずれは分かってしまいます。
無申告加算税、重加算税という恐ろしい追加徴税を支払わなくてはいけない状況に陥る前に、しっかりとカジノでの一時所得については、逐一データで記録して、保管し、必ず確定申告するようにしましょう。
 
 

確定申告のよくある質問まとめ

確定申告のよくある質問まとめ
 
上記の情報を踏まえて、ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノにおける確定申告にまつわる良くある質問について下記の通りにまとめましたので、参考にされてみてください。
 
問1:ベラジョンカジノ等のオンラインカジノで獲得したお金には課税対象になるのか?
答:もちろん、課税対象となります。オンラインカジノで得たお金は一時所得として扱われるので、一時所得の金額に対して定められている所得税率に応じて、税金を支払わなければなりません。
 
問2:ベラジョンカジノで獲得した勝利金を脱税する事は可能か?
答:カジノ側、利用した銀行側に入出金履歴、プレイ履歴、送金履歴が記録されている為、脱税することは不可能と言えるでしょう。
 
問3:一時所得の計算方法を教えてください。
答:下記の計算式に、各金額を当てはめ、計算した結果が課税対象になる一時所得となります。
 
【一時所得の計算式】
総収入額(カジノで勝利した金額)-収入を得るために支出した金額(その勝利金を得る為に使用した金額)-特別控除額(最高50万円)×1/2=一時所得として課税対象になる金額
 
以上の情報をまとめますと、ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノにおいて、獲得した金額は一時所得に分類されます。
脱税は実行不可能なため、追加徴税される前に正規の税金を忘れずに支払うことが、ベラジョンカジノをプレイする上で、最もお得な税金対策と言えるでしょう。
 
きちんとルールを守った上でベラジョンカジノを楽しみ、夢溢れる超高額配当のゲットを目指しましょう。

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。