実績・知名度共に優れた攻略法

優秀なベッティングシステム・パーレイ法について

優秀なベッティングシステム・パーレイ法について

ギャンブルは時として大きく勝負しなければなりません。
少ない資金で「大勝」を狙える「パーレイ法」を紹介しましょう。

パーレイ法とは?

「パーレイ法」は別名「逆マーチンゲール法」とよばれている「ベッティングシステム」です。
この手法の特徴は「攻撃力」の一言に尽きるでしょう。

ちまちまとした金額をベットするよりも、大きく「ドーン」と勝とうではありませんか!

パーレイ法の実践方法

「パーレイ法」の「ベットルール」はいたってシンプルです。
勝負に勝ったならば、そのまま勝ち金を次回の「ベット額」とします。

「勝ち」が前提条件ですから、なるべく「勝率の高いゲーム」で取り組むのがセオリーです。
カジノゲームで考えるならば、「勝率50パーセント・配当2倍のゲーム」が該当します。

例を挙げましょう。
「バカラ」「ブラックジャック」「シックボー」です。
「ルーレット」も利用が可能となります。

パーレイ法のメリット

パーレイ法のメリット

少ない資金であったとしても、「パーレイ法」は大きな「勝ち」につなげられます。
「1ドル」のベットから始めても、5連勝すれば「32ドル」にすることができるのです。
大きくなります。
確率をみましょう。
勝率50パーセントゲームで考えます。

5連勝できる確率は1.56パーセントです。
この数値は決して高くないのですが、勝負の波にのったならば「十分に可能」です。

さらに強気なギャンブルをお望みならば、「3倍配当ゲーム」で「パーレイ法」を活用してください。
5連勝する確率は0.41パーセントですから、「極めて低い数値」と言わざるを得ません。

しかしベテランギャンブラーの中には、「パーレイ法」を駆使して「大きな勝ち」を手中に収める者がいます。
これは勝負の波が「ハッキリと見えている証拠」です。
たまには「大きな勝負」を賭けてみませんか?

パーレイ法のデメリット

これは言うまでもないでしょう。
1回でも負ければ、連勝で増やした分をすべて失います。
ただし、失う金額は1回目に賭けた金額ですから、軍資金のすべてを失うわけではありません。

注意してほしいのは、ギャンブルの最初から連敗が続くと「厳しい」です。
軍資金と賭け金のバランスを十分に考えてください。

パーレイ法の活用方法

上手に活用するために、「自分なりのルール」をつくっておきましょう。
「パーレイ法」の難しいところは、連勝しているときの「止め時」です。

そこで、あらかじめ「3連勝でストップ」などのルールを設定してください。
もちろん軍資金に余裕があり、上昇の機運を感じるならば、「10連勝」をめざしてもよいでしょう。
少ない資金で「大勝」できれば、最高です!

優秀な投資術・モンテカルロ法について

優秀な投資術・モンテカルロ法について

「モンテカルロ法」は少ない元手で「勝ち」を目指せます。
内容を詳しく説明しましょう。

モンテカルロ法のつかい方

「モンテカルロ法」は「ベッティングシステム」の一種です。
この方法は少々複雑な計算が必要ですから、ベテランギャンブラーに好まれる傾向となります。

具体的な手法について触れましょう。
その前に紙と筆記用具を用意してください。
さっそくいきます。

まず数列を書きます。
「1、2、3」と書いてください。

1回目のベット額は両端の数字を足すことで導かれます。
「1プラス3」で「4」です。
「4単位」を賭けてください。
「4単位」ということは、「4ドル」でもよいし「40ドル」でもよいです。

つぎに、負けた場合について触れましょう。
具体的には、「1、2、3」の右端に負けの「ベット単位」を書き入れてください。
すると「1、2、3、4」となります。
両端の数字を足せば「1プラス4」で「5単位」です。
これを賭ければOKとなります。

負け続けた場合には同様の作業を続けてください。
勝負に勝った場合も触れておきましょう。

勝った場合には、両端の数字を消し込んでから計算してください。
数列が「1,2,3,4,5」となっていた場合には、両端を消し込むと「2、3、4」になります。
この数列の両端は「2、4」ですから、プラスして「6単位」が次のベット額になるのです。
少々複雑ですが、しっかりと理解しておきましょう。

消し込みがすすんで、数字がなくなるか1個だけになればワンサイクルの終了です。
「2倍配当ゲーム」では、消し込む数字が両端1個づつですが、「3倍配当ゲーム」では、消し込む数字が両端2個づつとなりますので注意しましょう。

モンテカルロ法で得られるメリット

モンテカルロ法で得られるメリット

複雑な計算が必要な「モンテカルロ法」にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
その答ですが、「マーチンゲール法」と比較して連敗に対する「賭け金の高騰がない点」となります。

軍資金の金額が少なくても取り組めますから、試してみる価値はあるでしょう?
リアルカジノでは、目の前に紙を広げて計算するなんて「もってのほか」です。

しかし、オンラインカジノでカジノゲームを楽しんでいるならば、「モンテカルロ法」を堂々と試せます。

モンテカルロ法の弱点について

数列を増減させて計算が必要ですから、頭の中だけで計算することは難しいです。
また、「2倍配当」のゲームで活用した場合には、ワンサイクルが終了した時点でもプラスが出ない可能性を有します。

基本的には「3倍配当のゲーム」への活用が推奨されているのです。
「ローリスク・ローリターン」な手法であることを理解してください。

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。