入出金手段毎の利便性について

クレジットカードを活用する傾向が強い

オンラインカジノに入金していく方法としては、基本的にクレジットカードが採用されています。クレジットカードの場合は、多くの人が保有していることに加えて、カードであれば海外の通貨も簡単に入金できるメリットがあります。
クレジットカードは、ブランドによってオンラインカジノに対応していない場合もありますが、活用できるブランドであれば簡単にオンラインカジノへの入金が可能になっています。

クレジットカードは当たり前のように使える

クレジットカードに対応していないオンラインカジノというのはまずありません。多くのオンラインカジノが当たり前のように使えるように設定し、しかも大半のブランドに対応できるようにサービスを提供しています。一部ブランドが使えないとしても、日本で多く使われているJCBが対応していないだけであり、他のブランドなら活用できるので問題はありません。アメックスなどのカードにも対応しているオンラインカジノが多いです。
オンラインカジノがクレジットカードの入金に対応している背景には、簡単にお金を入れられる行為であることと、クレジットカードのフォームが作りやすいこともあります。カード情報を入力するフォームは、海外でも多く作られるようになっていて、気軽に情報を入力できるフォームが多数作られるようになりました。その影響もあり、クレジットカードであれば簡単にサービスを展開できると判断できるのです。
オンラインカジノは、少しでも稼げるようにしたい、入金額を増やしたいと思っている部分もあるので、クレジットカードに対応することが多くなっています。

クレジットカードを使えないカジノは干される

オンラインカジノがクレジットカードに対応していない場合、客としては入金方法が制限されていると考えて、別のサービスを利用したいと思ってしまいます。クレジットカードに対応していないオンラインカジノの大半は干されるようになり、どんどん利用されなくなっていきます。
そもそも、クレジットカードに対応していないのは、かなり前のオンラインカジノの姿です。今のオンラインカジノというのは、基本的なサービスとしてクレジットカードの入金には対応しています。
カードによる入金ができなければ、利用してくれる客はどんどんいなくなってしまうことに加えて、サービスが悪いという口コミも多く出てくるようになり、カジノ消滅の危機もあり得ます。

小切手は出金方法としては使いづらい

小切手を採用しているオンラインカジノも実はあります。小切手の場合は、書かれている額面の金額を銀行で換金してもらうことで、受け取ることができるシステムです。この方法を使っていることで、海外のオンラインカジノから簡単に出金できるように思われますが、小切手はオンラインカジノでは非常に使いづらいサービスで、お金を得るまでに多くの時間が必要です。

オンラインカジノの小切手は発送が遅い

小切手の場合、オンラインカジノが額面の小切手を作る必要があります。小切手を作成するための時間に1週間程度必要となり、それから小切手の発送が行われます。日本へたどり着くまでに1週間以上必要とされていて、中には2週間以上経過しないと届かない場合もあるくらい、小切手は待たされる傾向があります。
しかも、日本に届いたとしてもまだ手元に届かないのです。日本に到着しても、まずは自分が住んでいる場所まで届けてもらう必要がありますし、到着している荷物に問題がないか確認されていきます。この作業にも数日が必要で、郵便局に到着するにも時間がかかります。郵便局から自宅までの発送は1日もあれば対応してくれますが、小切手が手元に届くまでには最大で1か月以上が必要です。

小切手は銀行での換金が必要

オンラインカジノから小切手が到着しても、その小切手は現時点で現金として扱われていません。小切手は、お金を得られる権利が書かれているだけで、実際には銀行に行って換金しなければなりません。換金が終わって、ようやく手元にお金を得られるようになります。
小切手の換金については、手数料が必要になっています。この手数料も非常に高いことで知られていて、オンラインカジノから出金サービスを活用して出金している場合よりも手数料が高いです。しかも、外貨預金への入金よりも時間がかかって手数料も高いので、基本的に小切手だと損失を出している状況です。

小切手の作成にもお金を払う必要あり

小切手の作成については、オンラインカジノ側にお金を払い、小切手を作成してもらうことが条件です。小切手を作成する手数料も実は結構高くて、外貨預金を使うか、エコペイズなどを活用してお金を出したほうがいいのです。
小切手を使う出金方法は、非常に時間がかかるだけでなく、手数料の問題も重くのしかかります。それでも小切手を採用していくなら、我慢強さをしっかりと持つことに加えて、手数料をカバーできるくらいの金額を出すことが必要です。

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。