オンラインカジノの違法性を分けるポイント

オンラインカジノは違法なギャンブルではない

オンラインカジノは違法なギャンブルではない

オンラインカジノは基本的に法律に規定されていないギャンブルです。
しかしながら、オンラインカジノの日本人プレイヤーの数はスマートフォンの普及も手伝い急速に増えています。
プレイヤー数が増えると、利用者の逮捕の報道などが聞こえてくるものですが、オンラインカジノを利用していて逮捕されたという話はありません。

日本では国営ギャンブルに該当しないその他のギャンブルは全て違法となります。この違法かそうでないかを決定しているのは賭博法という法律です。
オンラインカジノは法律で認められているギャンブルではありません。それなのになぜ逮捕者が出ないのかというと、賭博法の隙を見事に突いているからです。

オンラインカジノと法律の関係

賭博法は日本国内で行われる違法ギャンブルのための法律です。
オンラインカジノはゲームの中核を成すサーバーは海外にあり、決済も海外サービスを利用するため、日本国内に限定される賭博法はその力を発揮できません。
そして、胴元も同じく日本国内にいて、お金を賭ける利用者と共にあることが条件なので、胴元が国内にいないことからも現在の法律ではオンラインカジノを裁くことができません。

こうした賭博法の隙を突いていることから、オンラインカジノは違法ではないギャンブルとして多くの日本人プレイヤーに利用されています。

プレイ出来る場所を提供することで仲介業者であると判断される

インカジで逮捕者が出たというニュースをたまに見聞きします。
インターネットと名が付くことからもわかるようにインカジはインターネット上のカジノのことです。

インターネット上のカジノと聞くと、オンラインカジノと同じと考える方もいらっしゃると思います。確かに、プレイ出来るゲームに違いはほとんどありません。
ですが、その運営方法に大きな違いがありますし、同じゲームを利用していながらもインカジを利用すると逮捕され、オンラインカジノを利用しても逮捕されない一番の理由は精算方法にあります。

プレイ出来る場所を提供することで仲介業者であると判断される

日本においてギャンブルについて記載されているのが賭博法です。
この賭博罪の内容を簡単に説明しますと、日本国内で賭博を行えるのは公営ギャンブルである競馬、競輪、競艇、オートレースだけで、それ以外の賭博行為は違法行為となるということです。
ここで重要なのが日本国内という場所の限定です。
観光旅行でラスベガスやマカオのカジノで遊んでも逮捕されないのと同様に、オンラインカジノも運営元が海外にあるので国内でプレイしても、海外でプレイしていることと同じになります。

ここまではインカジもオンラインカジノも同じですが、インカジが摘発され逮捕者が出てしまう理由はこの先にあります。

オンラインカジノはあくまでも個人的な利用ですが、インカジはプレイ出来る場所を提供し、そこでプレイヤーがお金を賭けてプレイします。
接続先が海外のサイトであっても、これは日本人をターゲットとして仲介業者であると判断されてしまい、そのため摘発され、逮捕者が出てしまうのです。

精算方法に問題がある

オンラインカジノの場合、決済も海外のサービスを使っているため、始めから最後まで海外のサービスを利用することになるため、賭博罪に触れることはありません
しかしインカジは違います。

インカジは独自の100円いくら、1000円いくらと独自のポイントを客が買い、そのポイントを使ってゲームをプレイします。
そして、決済もそのポイントで計算され、その場で払い出されます。
この店内で決済出来るというのも摘発される原因です。
店内で決済出来るということは、国内での賭博行為となってしまい賭博罪の対象になります。

オンラインカジノの場合は海外の決済サービスを経由することになるため、実際にお金が振り込まれるまでには時間がかかってしまいます。
インカジはこうしたオンラインカジノのデメリットを埋め、そこを魅力のように思わせ集客を行っています。
同じオンラインカジノでもインカジは違法ですので、ネットカフェ内でオンラインカジノが楽しめる、その場ですぐに決済出来るなどの言葉を耳にした場合はほぼ間違いなくインカジと疑っていいでしょう。

カジノカフェやインカジでオンラインカジノをプレイしてはいけない

カジノカフェやインカジでオンラインカジノをプレイしてはいけない

オンラインカジノは違法にはあたらないのですが、カジノカフェ、インカジと呼ばれる店で利用した場合は違法となり逮捕されてしまいます。
カジノカフェでは客がポイントを買い、そのポイントを利用してオンラインカジノでプレイします。
ゲームで勝つとその利益分のポイントを換金し、現金として受け取ることができます。
一般的なオンラインカジノですと、決済に海外のサービスを利用します。そのため、利益分を受け取るまでには長い時間がかかります。

カジノカフェはその場ですぐに利益分を現金化できることから、その手っ取り早さからつい利用してしまいそうになりますが、カジノカフェでギャンブルをしたことが見つかると賭博罪として逮捕されてしまいます。
ちょっとした遊び感覚だったとしても、逮捕されてしまったら全てが後の祭りです。
逮捕歴はしっかりと残りますし、少なくはない罰金刑も言い渡されます。
店側はもっと罪が重く、2006年に摘発された京都のゴールドラッシュという有名カジノカフェの場合は、1億円を超える追徴金が言い渡されています。
オンラインカジノは各国政府の認可を受けているほど健全で信頼できるサービスが、カジノカフェのように個人での利用外で利用すると罪となるので、オンラインカジノを利用する場合は絶対にお店などプレイしてはいけません。

入出金手段毎の利便性について

クレジットカードを活用する傾向が強い

クレジットカードを活用する傾向が強い

オンラインカジノに入金していく方法としては、基本的にクレジットカードが採用されています。クレジットカードの場合は、多くの人が保有していることに加えて、カードであれば海外の通貨も簡単に入金できるメリットがあります。
クレジットカードは、ブランドによってオンラインカジノに対応していない場合もありますが、活用できるブランドであれば簡単にオンラインカジノへの入金が可能になっています。

クレジットカードは当たり前のように使える

クレジットカードに対応していないオンラインカジノというのはまずありません。多くのオンラインカジノが当たり前のように使えるように設定し、しかも大半のブランドに対応できるようにサービスを提供しています。一部ブランドが使えないとしても、日本で多く使われているJCBが対応していないだけであり、他のブランドなら活用できるので問題はありません。アメックスなどのカードにも対応しているオンラインカジノが多いです。
オンラインカジノがクレジットカードの入金に対応している背景には、簡単にお金を入れられる行為であることと、クレジットカードのフォームが作りやすいこともあります。カード情報を入力するフォームは、海外でも多く作られるようになっていて、気軽に情報を入力できるフォームが多数作られるようになりました。その影響もあり、クレジットカードであれば簡単にサービスを展開できると判断できるのです。
オンラインカジノは、少しでも稼げるようにしたい、入金額を増やしたいと思っている部分もあるので、クレジットカードに対応することが多くなっています。

クレジットカードを使えないカジノは干される

オンラインカジノがクレジットカードに対応していない場合、客としては入金方法が制限されていると考えて、別のサービスを利用したいと思ってしまいます。クレジットカードに対応していないオンラインカジノの大半は干されるようになり、どんどん利用されなくなっていきます。
そもそも、クレジットカードに対応していないのは、かなり前のオンラインカジノの姿です。今のオンラインカジノというのは、基本的なサービスとしてクレジットカードの入金には対応しています。
カードによる入金ができなければ、利用してくれる客はどんどんいなくなってしまうことに加えて、サービスが悪いという口コミも多く出てくるようになり、カジノ消滅の危機もあり得ます。

小切手は出金方法としては使いづらい

小切手を採用しているオンラインカジノも実はあります。小切手の場合は、書かれている額面の金額を銀行で換金してもらうことで、受け取ることができるシステムです。
この方法を採用していることで、海外のオンラインカジノから簡単に出金できるように思われますが、小切手はオンラインカジノでは非常に使いづらいサービスで、お金を得るまでに多くの時間が必要です。

オンラインカジノの小切手は発送が遅い

小切手は発送が遅い

小切手の場合、オンラインカジノが額面の小切手を作る必要があります。小切手を作成するための時間に1週間程度必要となり、それから小切手の発送が行われます。日本へたどり着くまでに1週間以上必要とされていて、中には2週間以上経過しないと届かない場合もあるくらい、小切手は待たされる傾向があります。
しかも、日本に届いたとしてもまだ手元に届かないのです。日本に到着しても、まずは自分が住んでいる場所まで届けてもらう必要がありますし、到着している荷物に問題がないか確認されていきます。この作業にも数日が必要で、郵便局に到着するにも時間がかかります。郵便局から自宅までの発送は1日もあれば対応してくれますが、小切手が手元に届くまでには最大で1か月以上が必要です。

小切手は銀行での換金が必要

小切手は銀行での換金が必要

オンラインカジノから小切手が到着しても、その小切手は現時点で現金として扱われていません。小切手は、お金を得られる権利が書かれているだけで、実際には銀行に行って換金しなければなりません。換金が終わって、ようやく手元にお金を得られるようになります。
小切手の換金については、手数料が必要になっています。この手数料も非常に高いことで知られていて、オンラインカジノから出金サービスを活用して出金している場合よりも手数料が高いです。しかも、外貨預金への入金よりも時間がかかって手数料も高いので、基本的に小切手だと損失を出している状況です。

小切手の作成にもお金を払う必要あり

小切手の作成については、オンラインカジノ側にお金を払い、小切手を作成してもらうことが条件です。小切手を作成する手数料も実は結構高くて、外貨預金を使うか、エコペイズなどを活用してお金を出したほうがいいのです。
小切手を使う出金方法は、非常に時間がかかるだけでなく、手数料の問題も重くのしかかります。それでも小切手を採用していくなら、我慢強さをしっかりと持つことに加えて、手数料をカバーできるくらいの金額を出すことが必要です。